アニバーサリー

【2020年春】卒業式・入学式の母におすすめアクセサリーはパール?コサージュ?

3月の卒業式に、4月の入学式。
子どもの成長を実感できる貴重な機会ですが、母は準備しなければならないこともたくさん。

なかでもしっかり準備したいのが卒業式・入学式のコーディネートではないでしょうか。

特にアクセサリーはどのようなものを選べば良いのか。
ダイヤモンドは控えた方が良いのかなどと悩んでしまいますよね。

今回は小学校・中学校・高校の卒業式・入学式でのアクセサリー選びについてお届け。
普段つけないコサージュの選び方や、卒業式・入学式のアクセサリーマナーをご紹介します。

卒業式・入学式でのアクセサリーマナーは?

まずは卒業式・入学式の母の服装マナーについて。
学校や地域によっても異なりますが結婚式やお葬式ほど厳格なルールはなく、スーツやワンピースが主流です。

卒業式ならブラック、ネイビーなどのダークカラー

入学式ならオフホワイトやライトグレー、ベージュなどのライトカラーが選ばれる傾向にあります。

参考記事:卒業式、母親の服装は?40代からのマナーとおしゃれな着こなし

卒業式・入学式の主役は「子ども」。
そのため母の服装はシンプルに、お祝いの気持ちを込めてアクセサリーですこし華やかさを加えると考えると良いでしょう。

卒業式・入学式でのアクセサリー選びは「パール」が基本

フォーマル用のアクセサリーとしてスタンダードな「パール」
最初のひとつなら、こんなデザインがおすすめ。

  • ネックレスは1連
  • 長さはチョーカー(35〜41cm)・プリンセス(42〜48cm)
  • ホワイトやブラックといった控えめなカラー
  • 7〜8mm程度の真円
  • 揺れないピアス・イヤリング


「昼の行事には光りものは避けた方がよい」とされているため、卒業式・入学式でも輝きが控えめなパールは大活躍

おしゃれな卒業式・入学式コーデは「3つ」のアクセサリーで

卒業式・入学式といえば、「パールのネックレス」や「コサージュ」が定番。
普段使いしないアクセサリーに特別感を感じる反面、どう選べば良いか困ってしまいますよね。

ここではおしゃれな卒業式・入学式コーディネートに欠かせない、アクセサリーを選ぶ際のヒントをご紹介。

まずはパールネックレスからみていきましょう。

パールネックレスは「2連」や「バロック」もあり

輝きは控えめなのに、華やかな印象を与えるパール。
主流は1連ですが、服の色味が暗くなりがちな卒業式には、連タイプのパールネックレスはいかがでしょう。

末端の金具を外すことで1連、2連も楽しめるネックレスは、シーンによって表情を変える優れもの。
バロックパールは粒の大きさが揃ったデザインを選ぶと上品な印象になります。


入学式には、ピンクのパールを添えて。

春らしい色味は、桜の花びらのような柔らかさをコーディネートにプラス。
明るいカラーのワンピースに映えそうですね。


パールの選び方についてもすこし。

冠婚葬祭用のパールといえば「本真珠」が一般的。
しかし、長い間使う高額なものと考えると、すぐ購入!というわけにはできませんよね。

そこでおすすめしたいのが「淡水真珠」「湖水真珠」
本真珠よりお求めやすい価格と、色・形のバリエーションの豊富さが魅力です。

コットンパールやガラスパールよりも華やかな印象になるので、この機会にぜひお手にとってみてくださいね。

ピアス・イヤリングは「スタッドタイプ」で上品に

パールネックレスをつけるなら、ピアス・イヤリングは色・形を揃えたパールを選んで統一感を。

デザインはスタッドタイプがおすすめ。
揺れるタイプはマナー違反というわけではありませんが、しっかりと固定されたデザインのピアス・イヤリングならつける場を選びません。

地金がシルバーカラーなら、こうした遊びがあるデザインも洗練された印象に。


パール以外なら、ホワイトオパールやムーンストーンなどの白色の宝石も素敵です。

また、ささやかであればダイヤモンドもOK。
一粒のシンプルなデザインを選びましょう。

コサージュ・ブローチは「バランス」を意識

フォーマルな場での「お祝いの気持ち」を表すコサージュ。
生花や造花で作られており、つける位置は自分からみて左側少し高めの鎖骨あたり


花以外の装飾が過度なもの・色味が派手なものは避けて、服の色味と合うコサージュを選びましょう。


せっかくの花なので「花言葉」で選ぶのも粋ですね。

たとえば春の訪れを感じさせてくれる「桜」。
花言葉は「精神美」「優美な女性」「純潔」です。


また、コサージュは安っぽく見えないよう、素材選びにこだわりを
通販で購入する場合は特に、複数の写真を確認して購入するようにしましょう。

子どもの成長を実感できる卒業式や入学式。
特別な瞬間だからこそ、ふさわしい装いに身をつつみたいですね。

「想像していたよりも派手だった!」「思っていた印象と違った!」と当日慌ててしまわないよう、できればはやい段階でコーディネートを全身鏡でチェックしておくことを忘れずに。

POINT

  • 卒業式・入学式のアクセサリーは「控えめ」を意識して
  • 宝石の定番はパール、それ以外は輝きが柔らかい宝石を
  • コサージュは「色」と「ボリューム感」のバランスを重視

【あわせて読みたい】

卒業式、母親の服装は?40代からのマナーとおしゃれな着こなし

真珠の基礎知識1:真珠の種類とは?

【白色・透明の宝石】神秘的な美しさのホワイト・カラーレス系の宝石の名前と種類一覧