ジュエリーの基礎知識

【宝石の種類】マラカイト:意味と和名、縞模様や「雄牛の目」って?

濃緑に浮かび上がる、華やかな模様。 「マラカイト(Malachite)」という鉱物は、その美しい色を活かして化粧品や顔料、ガラスの着色に用いられるなど、5000年以上も前から人の生活に密に関わってきました。 もちろん装飾… もっと読む 【宝石の種類】マラカイト:意味と和名、縞模様や「雄牛の目」って?

ジュエリーの基礎知識

【宝石の種類】ソーダライト:意味と和名、ラピスラズリとどう違う?

青地に白いスジが入った「ソーダライト(Sodalite)」。 古くからラピスラズリと混同されてきた一方、身分の高い人々に重用されてきた宝石。 工業用としてではなく、宝石としてビーズやカボション、その模様を活かした彫刻が施… もっと読む 【宝石の種類】ソーダライト:意味と和名、ラピスラズリとどう違う?

ジュエリーの基礎知識

【宝石の種類】トパーズ:意味や誕生月、インペリアル・トパーズの価値は?

古くから発掘が行われていた宝石、「トパーズ(Topaz)」。 かつて黄色の宝石はすべてトパーズとみなされていました。 しかし、イエローにブルー、ピンクにオレンジ。 いまやトパーズといえば多彩なカラーバリエーションがある宝… もっと読む 【宝石の種類】トパーズ:意味や誕生月、インペリアル・トパーズの価値は?

ジュエリーの基礎知識

【宝石の種類】ヘマタイト:意味と和名。石言葉や「軍神マルスの石」の効果とは?

研磨をすることにより艶やかな銀色の輝きを放つ「ヘマタイト(Hematite)」。 一見シルバー?と見紛うこともあるこの不透明石は、宝飾品以外にも工業用としても用いられるポピュラーな素材。 宝飾品としてのヘマタイトは、見惚… もっと読む 【宝石の種類】ヘマタイト:意味と和名。石言葉や「軍神マルスの石」の効果とは?

ジュエリーの基礎知識

【宝石の種類】ゴシェナイト:意味と和名、どんな魅力・価値がある?

エメラルド、アクアマリン、モルガナイト。 ベリルといえば最も美しい宝石に挙げられることも多い宝石ですが、無色のベリルはあまり知られていません。 「ゴシェナイト(Goshenite)」は不純物を含まないカラーレスのベリルで… もっと読む 【宝石の種類】ゴシェナイト:意味と和名、どんな魅力・価値がある?

ジュエリーの基礎知識

【宝石の種類】ラブラドライト:意味と英語名、レインボームーンストーンとの違いは?

太陽を閉じ込めたような、月の光を宿したような。 色を楽しむだけでなく、宝石の中にはさまざまな輝きを見ることができます。 「ラブラドライト(labradorite)」もそのひとつ。 一見地味に見えるラブラドライトは光を当て… もっと読む 【宝石の種類】ラブラドライト:意味と英語名、レインボームーンストーンとの違いは?

ジュエリーの基礎知識

【宝石の種類】サードオニキス:意味と誕生月、縞目が美しいカメオの素材

アメシストもアゲートも「石英(せきえい)」という仲間。 石英はアメシストに代表される単結晶の「水晶」と、カルセドニーに代表される多結晶質の「めのう」に分類できます。 この「めのう」の一種であり、誕生石にも制定されているの… もっと読む 【宝石の種類】サードオニキス:意味と誕生月、縞目が美しいカメオの素材

ジュエリーの基礎知識

【宝石の種類】スギライト:意味と英語名、名前の由来は日本人?

紫の宝石といえばアメシスト。 ほかにもスピネルや翡翠が紫色の宝石として人気ですね。 どれも魅力的ですが、日本でも産出する紫色の宝石といえば「スギライト(sugilite)」。 濃紫から鶯色までを有する、知れば知るほど惹か… もっと読む 【宝石の種類】スギライト:意味と英語名、名前の由来は日本人?

ジュエリーの基礎知識

【宝石の種類】クンツァイト:意味と名前の由来。ティファニーとの関係は?

「クンツァイト(kunzite)」。 あまり聞き慣れない宝石かもしれませんが、宝石好きの方やコレクターから熱烈な支持を集めている宝石のひとつ。 1902年に発見されてからわずか100年あまりの比較的新しい宝石でもあります… もっと読む 【宝石の種類】クンツァイト:意味と名前の由来。ティファニーとの関係は?

ジュエリーの基礎知識

【宝石の種類】フローライト:意味と和名、幅広い色の種類と歴史

縞目模様の美しさや、シャープな多面体。 なんの鉱物か知らなくてもその姿は知っているという方もきっと多い「フローライト(fluorite)」。 古代ローマ時代にはグラスの形に研磨され、大流行した歴史があります。 幅広いカラ… もっと読む 【宝石の種類】フローライト:意味と和名、幅広い色の種類と歴史