ジュエリーの基礎知識

華やかさで選ぶならピンクの宝石!ピンク色の宝石の名前と種類一覧

ピンクの宝石といっても色味やカット、輝きもそれぞれ異なります。
ピンクサファイア、ピンクトルマリン、ロードライトガーネット、ロードクロサイト、モルガナイト…

シルキーなピンクからネオンピンクまであり、印象で選ぶのはもちろん、肌に馴染む色を選ぶのもおすすめ。

装いも軽くなる春には、華やかなピンク色の宝石を使ったジュエリー・アクセサリーをファッションのポイントにしてみませんか?
今回は色の種類と宝石の性質、さまざまな要素を加味して、あなただけの特別なピンクの宝石を選ぶヒントをお届け。ピンク色の宝石の名前と種類を一覧にしています。
今まで知らなかった宝石の名前も発見できるかもしれません。

気軽に楽しめるピンクの宝石の種類

ローズクオーツ

柔和なピンクのローズクオーツ。半透明なものが主流ですが、透き通ったものはかなり上質。大きなカラットでもインクルージョンがないのが特徴的。

ピンクトルマリン

全ての色が揃うといわれているトルマリン。濃淡により印象が変わり、ブラウン味のあるものからビビットピンクまで、幅広いピンクが魅力的な宝石です。

tourmaline

ピンクサファイア

コランダムならではのキラッとした輝きに惹かれるサファイア。淡いものから、ルビーに近い色味を示すものもあります。スター効果を示すものは、シックに身につけたい方におすすめ。

pinksapphire

ロードクロサイト

不透明でまだらに入った縞模様が印象強く、模様の入り方によって表情が変わる宝石。透明なものもあり、ジェムクオリティでとても高価です。別名はインカ・ローズ

ロードナイト

半透明で紅色を示すものが多く、ロードクロサイトと混同してしまうことも多い宝石。葉脈状の黒斑も特徴的。色に深みがあるので、こっくりとしたピンクが好きな方におすすめ。

ロードライトガーネット

ガーネットの中でも、パープリッシュな色気のある宝石。アルマディンとパイロープガーネットの中間のゴールドに映える大人のピンク。

マラヤガーネット

パイロープとスペサルティンガーネットの中間色であり、ニュアンスカラーの曖昧さが大人の女性に似合うピンク。シャンパンカラーや温かみのあるブラウンピンクが素敵です。

ピンクスピネル

オレンジ、パープル、ホットピンクなど、ピンクバリエーション豊かなスピネル。鮮やかで力強い色味が人気を集めています。屈折率が高いので、カッティングが良いものは輝きも強いのが特徴。

名前も特別感があるピンクの宝石の種類

モルガナイト

エメラルドやアクアマリンと同じベリルという鉱物で、ピンク色を示すのがモルガナイト。ベージュ味を帯びた優しげなカラーが印象的。
宝石コレクターでもあったモルガン財閥の創始者J.P.モルガンの名前が由来です。

クンツァイト

すみれ色のようなライラックピンクが華やかな宝石。スポジュメンの一種で、ホワイトゴールドにも映えます。紫外線や経年変化で退色してしまう恐れがあるので、取り扱いには注意したい宝石。
発見者クンツ博士の名前が由来です。

コンクパール

艶やかな質感が真珠とはまた異なり、二枚貝ではなく巻貝から生まれるコンクパール。希少かつ高価なので手が出づらいけれど、柔和なピンクが他の宝石にはない魅力があります。

パパラチアサファイア

ピンクとオレンジの中間色のパパラチアは、サファイアの中でも唯一名前を冠しているほど特別。サファイアの中で最も高価な宝石です。パパラチアとはシンハラ語で「蓮の花」という意味。

ピンクダイヤモンド

無色透明なイメージのダイヤモンドも、実はカラーバリエーションが豊富です。色は薄いものから濃いものまであり、ダイヤモンドの輝きと相まって可憐な雰囲気。

POINT

  • ピンクの宝石ひとつにしても種類が豊富
  • 購入する際には宝石の名前に騙されないように注意
  • 肌の色や好きなデザインに合うピンクを選んで

ジュエリー撮影協力:株式会社ゴーリ・インターナショナル

Revised Edition 2019 02©hikarimonogatari.com