コラム

40代からの【アウトドアファッション】2. 山歩きをお洒落&快適に

「山ガール」という言葉が流行してから久しいですが、自然と触れあいながら自分のペースで続けられる「山歩き」は、何歳になっても楽しめる趣味として、以前から大人世代に人気でした。

ただ、若い女性にブームになったことで、山歩き用のレディースウェアの種類はぐっと豊富に

今では、各ブランド・メーカーとも、おしゃれで機能的なアイテムがよりどりみどり。もちろんちょっとした運動旅行でも着られるものが大半です。

40代からのアウトドアファッション特集【第1回】では、アウトドア全般を取り扱うブランドから、大人女性が安心して着られてセンスのよい5ブランドのヒストリーや特徴を紹介しました。

40代からの【アウトドアファッション】1.街でも着られるおすすめブランド5選

第2回となるこの記事では、アウトドアブランドのなかでも、特に大人女性の「山歩き」におすすめの5ブランドを紹介します。

はじめての山歩きのウェア選びのヒントも、ぜひ参考にして下さいね。

大人女性の山歩きに!定番&おすすめブランド

ARC’TERYX(アークテリクス)

アークテリクスは、カナダの大自然の中で製品テストを繰り返した確かな品質に定評のあるブランドです。

アイテムは全体的にシックな単色でまとめられたシンプルなデザインで、色を沢山使ったにぎやかなウェアが苦手な人にもおすすめです。

山歩き用の全天候型ジャケットやパンツはもちろん、インナーウェアからリュック、シューズまで揃うのでトータルコーディネイトが可能です。

karrimor(カリマー)

カリマーは、1946年にイギリス・ランカシャーで創業されたアウトドアブランドです。

ハードな環境にも耐えるリュックやウェアは登山家や冒険家に愛用者が多いことでも知られます。

どこかメンズライクな雰囲気を漂わせつつ、街中でもおしゃれに着こなせるアウターも人気です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

karrimor Japan(@karrimor_japan)がシェアした投稿

mont-bell(モンベル)

モンベルは、1975年、日本で生まれたアウトドアブランドです。

創業者自身も登山家のため、山歩き用のウェア・シューズやリュックはもちろんのこと、小物類やスポーツギアまで幅広く揃います。

小柄な日本人にもフィットするよう、“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”をコンセプトに商品開発がおこなわれています。

 

日本国内に130店舗以上のショップがあるので、実際に店舗を訪れてサイズ感や着心地を試してみることができるのもメリットですね。

Patagonia(パタゴニア)

南米大陸の南端、チリからアルゼンチンにかけて岩山や氷河のダイナミックな自然が広がる地域。

それを名前としたパタゴニアは、1950年代にカリフォルニアで創業したアウトドアブランドです。

空と山脈のデザインが印象的なTシャツやエコバッグなどを目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

パタゴニア(@patagoniajp)がシェアした投稿

パタゴニアは、地球環境やサスティナブルファッションにも関心が高く、毎年、売上の1%~を地球環境保護活動に寄付しています。

また誰もが1枚は持っているのではないかと思うほど普及した「フリース」の生みの親としても知られています。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)

ザ・ノースフェイスは、カリフォルニア州ノースビーチ発のブランドで、創業50年を迎えます。

スポーティなデザインが性別・年齢問わず人気。

山歩き用の<mountaineering>では、縦走・テント泊など、日本の山の気候に合わせたラインナップになっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE NORTH FACE JAPAN(@thenorthfacejp)がシェアした投稿

メンズ・レディースに加えキッズのウェアも豊富で、10代~20のお子さんがいる人は「子どもがノースフェイスのリュックやウェアを持っている」という人もいるのではないでしょうか。

ウェアなどのサイズが一緒なら共有できるかもしれませんね。

これから山歩きを始める人へ

友人に誘われ、山歩きを始めてみようかな?と考えている人もいるかもしれません。

標高500~600m程度の低山なら、春や秋の気候がいい時期であれば、専用のギアやウェアを揃えなくても手持ちのスポーツウェアでトライできることも多いでしょう。

ただし、山の上は風が強かったり、気温も2~3度低いことが多いもの。

必ず脱ぎ着できる上着や帽子、ネックウォーマーなど体温調節ができるようなコーディネートを選びましょう。

また登りではかなり汗をかきますが、下りではその汗が冷えてしまいます。

綿100%のTシャツなどは汗が乾きにくく、体温低下のおそれがあるので、インナーは通気性・速乾性の高いものを選ぶのがおすすめです。

そして山歩きに慣れてきたら、今回の記事も参考に少しずつお気に入りのウェアを揃えてみて下さいね。

POINT

  • 山歩きをする女性が増えたことで、おしゃれなウェアが手に入るように
  • 大人女性は、機能性とシックなデザインを兼ね備えたウェアを選んで
  • 初心者さんは手持ちのウェアでもOK。温度調節だけは意識して