ジュエリーの基礎知識

ジュエリーの基本デザイン:宝石の配置・モチーフ編

同じ色・形の宝石でも、配置や地金の種類を変えるとパッと印象が変わりますよね。
宝石や金属などの素材の魅力を引き出し、私たちに新しい価値を提供してくれるジュエリーデザイン。

ジュエリーには「ソリテール」「取り巻き」や「サイド・ストーン」といった用語がたくさんありますが、そもそもジュエリーにはどんなデザインがあるのでしょう。

今回はジュエリーの基本デザインについて。
前編では「宝石の配置」とデザインのモチーフについてお届けします。

婚約指輪や結婚指輪を選ぶとき、オーダーメイド・リフォームのデザインを検討しているときにも参考にしてくださいね。

宝石の配置とは?どんな種類がある?

宝石の配置は大きく三つに分けられます。
センターに一つの石を留めた「ソリテール」、そのサイドに宝石を添えた「サイド・ストーン」、複数の宝石をあしらった「取り巻き」「マルチ・ストーン」などのデザインです。

ソリテール

一個石のジュエリーを「ソリテール」と呼びます。
ソリテールはフランス語で、英語ではソリテア。

一粒ネックレスもソリテール・ネックレスと呼ばれますが、一般的にはダイヤモンドの立て爪リングを指します。
センターに留められた一粒石のリングは、婚約指輪や結婚指輪として人気の高いデザイン。

シンプルなデザインなので、石留めによっても雰囲気を大きく変えます。
ソリテールを選ぶ際には、石留めや爪の形状にも注目したいですね。

関連記事:石留めとは何?実は豊富な石留めの種類

サイド・ストーン

中石のサイドに脇石を留めた「サイド・ストーン」。
石が三つ並んだ姿から「トリロジー」とも呼ばれます。

中石も脇石も、宝石の種類やカットを限定しませんが、一般的に脇石にはメレ(小粒石)を使用。

基本的にはサイドに一つずつ配置するシンメトリーのデザインですが、片側にメレを寄せたアシンメトリーのデザインもあります。

取り巻き

中石をメレで取り囲む「取り巻き」。
メレに使用されるのは主にダイヤモンドで、華やかな雰囲気が特徴です。

華やかな色彩と輝きが夜に映えることから、取り巻きリングは「ディナー・リング」とも称されます。

テーパー・バゲットが波打つようにセッティングされたリングは「バレリーナ」。

ラウンド・メレが同心円状にセッティングされると「クラスター・セッティング」と呼ばれます。

クラスターは英語で「花の房」といった意味があり、花が咲いたかのような愛らしいデザイン。

マルチ・ストーン

 

取り巻きのような中石がなく、複数の宝石だけで構成されたデザインを「マルチ・ストーン」と呼びます。

同種類の宝石だけを留めたものから、サイズ違い・カット違いの宝石をあしらったものも含まれます。

色が異なる宝石を組み合わせたリングは「カクテル・リング」と呼ばれ、カラーダイヤモンド同士をセッティングしたり、サファイアやルビーを組み合わせたりとその楽しみ方も多様。

グラデーション・タイプ

異なる色や大きさの宝石をグラデーションになるようにセッティングしたデザイン。

たとえばピンク・ダイヤモンドなら、薄いピンクから濃いピンクになるように、色の濃淡によって配置を決めます。
同一の宝石を使用する以外に、種類の異なる宝石を使用することも。

このとき、重要になる作業が「石合わせ」。
石の色や大きさ、形、品質を選別する作業を「石合せ」と呼び、この石合わせでジュエリーの魅力も大きく変わってきます。

ジュエリーの代表的なモチーフとは

宝石の魅力を引き出すジュエリーデザインがあれば、想いや願いを込めたデザインもあります。
そのひとつがモチーフ

ジュエリーに使用されるモチーフは、動植物から無機物まで多種多様。
ここでは代表的なジュエリーのモチーフをご紹介します。

花や鳥などの動植物モチーフ

古くからジュエリーのモチーフとして、といった動植物が使用されてきました。

国や時代によって、好まれてきたモチーフは異なりますが、鳥の中でも平和の象徴である「鳩」や、幸運を引き寄せると信じられている「ホースシュー(馬の蹄)」は現在でも広く愛されています。

幸運を表すモチーフは、ほかにも「クローバー」や「ローリエ(月桂樹)」、「蛇」があります。

愛や絆を示すモチーフ

多くのジュエリーブランドで展開されているハートリボン
シルエットの可愛さだけでなく、ハートは愛情を、リボンは結びつきを表すモチーフとして、ジュエリーには欠かせない存在です。

自分で手に入れるだけでなく、贈りあう機会もあるジュエリーだからこそ、愛や絆を込めたモチーフはいつまでも支持されるのかもしれませんね。

ハートのほか、手と手を取り合ったモチーフの「フェデリング」、結び目で縁の結びつきや絆を表した「ノットリング」などもあります。

関連記事:ピンキーリングの意味は?ファランジリングとは?意外と知らないリングの種類

また、ジュエリーで人気のモチーフといえば「イニシャル」。
自分の名前や恋人、家族の名前、メッセージの頭文字を記したジュエリーは、とても特別感がありますね。

宗教的な意味合いを持つモチーフ

永遠の意味合いを持つクロス(ロザリオ)。

イエス・キリストが罪人を磔にする十字架で処刑されたことから、キリスト教では宗教的な意味を持つモチーフでしたが、日本では主にファッションアイテムとして身につけられています。

クロスに限らす、現在ではデザインとして消費されているモチーフですが、あらためて意味を調べてみるのも楽しいかもしれません。

POINT

  • 宝石の配置と数などで「ソリテール」「サイド・ストーン」と分けられる
  • 取り巻きでも使用するメレや配置の違いで名称が変わる
  • ジュエリーの代表的なモチーフは「動植物」「愛情や絆の象徴」「宗教的意味合いを持つもの」