トレンド&コーディネイト

【2020SSトレンド】エレガンス傾向拡大?素材から2020年春夏トレンドを探る

今回は一足早い最新情報!2020年のトレンドの話題です。

まだ2019年、令和時代がスタートしたばかりなのに、2019秋冬を越えてもう2020春夏シーズンのファッショントレンドの話?どうして未来のトレンドがわかるの?そんな疑問へのヒントもお届けします。

素材には、未来のトレンドのヒントがある

先行して作られるものを探ってみよう

未来がどうなるのか、何が流行するのか…それはなかなかわかりませんよね。
ただ、「いま起きていること」の中にも未来のヒントはあります。

たとえば「もの作り」をするためには、常に先行して原材料、素材が必要になります。

素材を作る企業は、自社の技術と世の中の動きを考えながら一足早く開発をスタートします。
現在の市場の動き。社会全体の意識変化、「世の中の気分やニーズ」の予測。そこから想起されるカラーイメージや配色…いわゆる「流行色」(次の流行色が流行色協会で発表されているといった話は、最近テレビなどでもよく取り上げられていますよね)。

このような各種情報を参考にしながら、服であれば素材、テキスタイルの世界ではもう2020年春夏の準備が始まっており、服を作るアパレルメーカーと商談をすすめているというわけです。

今回はとある「合成繊維(ポリエステル他)の素材展示会」で見た2020年春夏トレンドのヒントをご紹介します。

トレンドのヒントが得られる「展示会」

「合成繊維」もいろいろな種類が開発されている

石油から作られた合成繊維、代表はポリエステル。
一般的に衣服の品質表示では原料の「ポリエステル」などだけが記されています。

でも実はポリエステルといっても、糸の種類だけでもさまざまなバリエーションがあるのです。織り方・加工・天然素材との混紡などまで考えると、その表現の可能性は無限大。
幅広い分野や目的に向けて最適な素材が開発されています。

その中でも「一押し」の素材やプロジェクトが提案されるのが展示会

ですから、展示会でどのような素材がクローズアップされているか、前のシーズンにはなかったものが出てきているか…といった点を見ると、トレンドのヒントをつかむことができます。

なお素材の展示会であっても、実際に縫製されて衣服の形になったときの見え方や仕立て映えを確かめるために「製品サンプル」が作られることが多いです。素材とデザインのマッチング、とても大切ですよね。

エレガンス素材の復活!2020年春夏のトレンドを探る

「人気が継続するもの」と「新しく出てきたもの」

さて合成繊維の展示会、最近はメンズウェアやスポーツウェアなどの素材、インナーウェア向け機能素材などが話題になることが多かったのです。

今回も主にメンズウェア向けのとある素材が大人気で、2020年も大きくプロモーションされていきそう。
またエシカル・サステイナブルなエコ素材、IT技術と素材を結びつけるようなプロジェクトなども提案されています。

では、新たにクローズアップされ始めた素材傾向は?

2020年春夏に向けて、軽やかでエレガントなレディスウェア向けの素材が復活してきています。

軽やかで着心地のよさそうな、ヴィンテージシルク調の素材に注目

こちらは、発表されたばかりの新素材。「天蚕(てんさん)」と呼ばれる最高級シルクをイメージしたヴィンテージシルク調の素材です。

ナチュラルで柔らかい風合い、優雅な光沢や美しい発色がポイント。洗濯に強くシワになりにくいイージーケア素材でもあります。

実際に触れるととても軽やかで仕立て映えしそう。色の見え方も鮮やかでした。

この他にも過去に販売されていたシルキーな素材が復活していたりと、ある意味「懐かしく新しい」エレガンス素材がラインナップされていました。

昭和の頃、ブラウスやワンピースなどがレディスアイテムの主流だった時代にはこのような素材が非常にバリエーション豊かに作られていました。
その感覚を現代的にブラッシュアップしたイメージで、レトロモダンとも言えそうなテイストです。

今回はひとつの例ですが、ファッションを支える素材の世界の方向性からも、エレガンス傾向が広がっていきそうなヒントがありました。

POINT

  • 原材料、素材の動向は未来のトレンドを読むのに役立つ
  • 合成繊維でも種類はさまざま。目的に合わせていろいろな素材が開発される
  • 2020年春夏は素材から見てもエレガンス傾向が拡大しそう

なかなか知ることのできない素材開発の世界から、最新情報をお届けしました。参考にしてみてくださいね。

※本記事は展示会主催企業広報部のご了解のもと情報掲載しております。

【参考記事】2019-2020秋冬トレンド記事はこちら!

【2019-2020秋冬トレンド】「レディライク」が鍵?!2019秋冬ファッションの傾向