トレンド&コーディネイト

ブーツの種類と2019年秋冬の流行!40代からのおすすめコーデは?

秋冬のコーディネートの足元に欠かせないのが「ブーツ」。

ブーツにも色々な種類や名称がありますが、実は毎年少しずつ流行やディテール(細部のデザイン)が異なります。

この記事では、40代・アラフォー以上の大人女性に向けて、ブーツの形や名前などの基礎知識を解説。

2019年の秋冬から2020年にかけてのブーツの流行や、大人女性におすすめの洋服との合わせ方や、ブーツの種類別コーディネートを紹介します。

レディースブーツの種類と名前

「そろそろ新しいブーツが欲しい」と思ったら、ショップを訪れる前に、ブーツの種類や名称について一度おさらいしておきましょう。

ブーツは基本的に「丈の長さ」で分類されます。

さらにその中でもデザインによる名称の違いもありますので、以下を参考に好みのタイプを見つけてみて下さいね。

ショートブーツ

足首丈のブーツは「ショートブーツ」。

ファスナーで開閉するシンプルなデザインから、紐やベルト、ゴムなどのついたタイプまで色々なショートブーツがあります。

基本のショートブーツは以下のような形。

同じシルエット・色でも、下のように、靴ひものついた「編み上げ(レースアップ)」のショートブーツなら、着こなしのほどよいアクセントとなってくれます。

下のように、サイドにゴムが入っていて脱ぎ履きしやすい「サイドゴアブーツ」は少しカジュアルな着こなしに仕上がります。

下のような、ステッチ(刺繍)やベルト・スタッズ(鋲)などの装飾が特徴の「ウエスタンブーツ」は、アメリカ西部のカウボーイが乗馬時に履いていたことから名付けられました。(ウエスタンブーツにはロング丈やミドル丈もあります)

ブーティ

ブーティ」もショートブーツの一種ですが、さらに丈が短く、くるぶしが隠れない程度のものをいいます。

一般的なヒール靴・パンプスとの違いは、足の甲が隠れるデザインになっていること。

9月~10月のまだ暑さが残る時期でも、パンプスのかわりに取り入れることで、秋冬らしさを感じさせてくれる着こなしができます。

ミドルブーツ

「中間」を意味する「ミドルブーツ」は、ふくらはぎ丈のものをいいます。

中途半端な丈は足が太く見えるのでは?と敬遠する人もいるかもしれませんが、ストレートなシルエットを選べば意外とそうでもありません。

また、ミドル丈のブーツは、スリムなジーンズやレギンスなどのボトムをインしてはくこともできるため、カジュアルなデザインのものも多くあります。

ロングブーツ

ロングブーツ」は寒い時期の強い味方ですね。

膝より上のものは「ニーハイブーツ」と呼ばれます。

膝下丈のものは、身長や体型に関わらず合わせやすいため、大人女性におすすめです。

2019年秋冬のブーツの流行&トレンド、大人女性におすすめは

ここ数年のショートブーツ全盛の流れは変わらず、2019年秋冬も圧倒的にショートブーツが人気。

品揃えも豊富なので、これからブーツを買うならベーシックなショートブーツを1足持っておけば間違いないでしょう。

旬を取り入れたい人には、下のような「ワイドブーツ」もおすすめ。


通常のブーツより筒回りが広く、今年流行のニットパンツやキュロットなど、ワイドなボトムにも負けない存在感を発揮してくれます。

対比で足が細く見えるのもうれしいところ。

キュロットとは?ガウチョとの違いは?2019秋キュロットコーデに注目!

素材や柄では、春からトレンド継続中の「パイソン」柄のブーツも豊富に揃っています。

一見難しそうですが、グレーやベージュの無地のブーツと同じ感覚で履けばOK。

他にもハラコやダルメシアンなど、今季はアニマル系の柄が流行しています。

シンプルなコーディネートが一瞬で旬の着こなしに早変わりするので、2足目のブーツとしてもおすすめです。

「ロングブーツ」大人女性に人気のコーディネートは

2019年秋冬シーズン、大人女性がロングブーツを履くならロングスカートと合わせるのがおすすめです。


暖かく、体型もカバーしてくれるロングスカートはまだまだ流行中。

ロングブーツは、ストレート・フレア・プリーツなどいずれの形のスカートにも合うので、ぜひトライしてみて下さいね。

POINT

  • ブーツはショート・ミドル・ロングなど長さで区別できる
  • 2019年AW(秋冬)、今年もショートブーツが人気
  • ロングブーツはロングスカート合わせが今年らしい