ジュエリーの基礎知識

夏のネックレス、汗対策のお手入れは?自宅で簡単にできるジュエリーのメンテナンス方法

季節は夏本番、連日の暑さ!この時期感じるのが「夏のネックレス問題」。
首回りはどうしても汗や皮脂、日焼け止めの成分などでべたつくことが多いですよね。

真夏のジュエリー・アクセサリーはブレスレットやイヤリングをメインにして、もうネックレスはつけない、という方も。
でもキラリと輝くネックレスペンダントは、シンプルになりがちな夏コーデのアクセントです。また、真夏でも冠婚葬祭といったフォーマルな席でパール(真珠)のネックレスをつけるような場合もありますね。

今回は、夏にネックレスをつけた後、どうお手入れすれば?という方に、自宅でも簡単にできるゴールドやプラチナの地金ジュエリーのメンテナンス方法と、夏にネックレスを身につける時のヒントをお届けします。

家庭にあるものでお手入れできる?ネックレスのメンテナンス

自宅でも簡単。ジュエリーのお手入れに役立つ家庭用品とは?

ネックレスなどのジュエリーやアクセサリーは、普段からつけたあとに柔らかい布で拭いてから保管すると、本来の輝きを長く楽しむことができます。

思ったより汗をかいてしまった、少しべたつきが気になる…と感じた時。
もちろんお店に相談してクリーニングをお願いする方法もありますが、特に日常的に身に着けている、普段使いのゴールドやプラチナのネックレスなら、自分でもメンテしたいですよね。

実は、以下の2つの家庭用品があれば自宅でも簡単にメンテナンスができるのです。

  • 食器用洗剤(中性洗剤)
  • 毛が柔らかめの歯ブラシ

器を準備し、ぬるま湯に中性洗剤を入れて薄めの洗浄液をつくり、ネックレスをつけ置き。
地金部分を歯ブラシで優しく洗ってから、流水(真水)で流します。
柔らかい布(眼鏡拭きなど)で拭きます。水分を拭き取ったら、自然乾燥させてください。

ネックレスはもちろん、ホワイトゴールドやプラチナの結婚指輪、地金チェーンのブレスレットといった地金ジュエリーはこの方法で汚れをとることができます。

ダイヤモンドが付いていても大丈夫?

トップに宝石がついているペンダントタイプのネックレスの場合、ダイヤモンドであれば上記の方法でメンテナンスできます。

ダイヤモンドは油になじみやすい性質(親油性)を持ち、油性の汚れを受けやすく皮脂などの汚れで油の膜ができてしまいます。輝きが鈍い…と感じたら、日常のお手入れでダイヤモンドのキラキラした輝きを取り戻すことができるのです。

他の宝石は種類によってこの方法が向かないものもあるので、お店の方などに相談しましょう。特にエメラルドオパール、真珠(パール)は注意して。

夏のネックレス使い、心がけることは?

汗に弱いデリケートなパール(真珠)

パール(真珠)のネックレスは真夏のおしゃれにはあまりおすすめではありませんが、冠婚葬祭などのフォーマルな席でつけるケースもあります。

パール(真珠)は有機宝石であり汗や酸に弱いデリケートなジュエリーです。つけたあとはすぐに外して柔らかい布で拭いてくださいね。

夏にネックレスをつけるのは、改まった場に参加するから…という場合。
目的地が冷房の効いた場所なら、移動中は身につけず、室内に入ってから身につけるというのも夏ならではの工夫です。

持ち運ぶ時は、うっかり紛失したり捨てたりしないよう、ジュエリーポーチなどを備えておくと便利です。
その際もパールは柔らかい(硬度の低い)ジュエリーですので、ダイヤモンドのような硬い(硬度の高い)ジュエリーと一緒に入れないよう気をつけましょう。

POINT

  • ゴールドやプラチナのネックレスや指輪は家庭用洗剤でメンテナンスできる
  • 宝石は種類によって扱いが違うので気をつけて
  • パール(真珠)のネックレスはデリケート。室内だけでつける工夫も

【あわせて読みたい】ひと通り知っておくと役立つ!「宝石の硬度」とは?

【宝石の硬度】宝石の硬さは何で決まる? モース硬度とは?

【あわせて読みたい】もしジュエリーが壊れたら?修理したいときのヒントはこちら。

ジュエリーが壊れる原因は?どんなジュエリー修理とお直しの方法がある?