ジュエリーの基礎知識

ダイヤモンドの輝きを決める「カット」!ブリリアント・カット&カットの種類は?

ダイヤモンドを選ぶなら、何を一番大切にしますか?
まずはラウンドにペアシェイプといった「形」や、輝きを重視するなら「カット」から選ぶという方も多いのではないでしょうか。ダイヤモンドのカットは種類も多く、王道のラウンド・ブリリアント・カットからファンシー・カットまで、多種多様な選択肢があります。

今回はダイヤモンドの輝きを左右するカットについて。人気のカットから、アンティークのカットまで幅広い種類をご紹介します。

そもそもブリリアント・カットって?

ダイヤモンドと聞けば、ラウンド・ブリリアント・カットを思い浮かべるほどポピュラーなカットです。ブライダルジュエリーはもちろん、アクセサリーにも用いられています。

ダイヤモンドの輝きを引き出す58面のカット

ダイヤモンドが持つ屈折率や反射率を最大限に引き出し、最高の輝きを発揮するのがラウンド・ブリリアント・カット。英語で「brilliant」と表記され、「光り輝く」という意味を持ち、通常58面体です。
(※ダイヤモンド下半分にあるキューレットと呼ばれる尖った部分を削らないのであれば57面体)

ラウンド・ブリリアント・カットの誕生

17世紀には原型が誕生していたものの、現在の形となったのは20世紀に入ってから。ダイヤモンド研磨士であり、数学者でもあったマルセル・トルコフスキーの手によって、より洗練された輝きを放つラウンド・ブリリアント・カットが生み出されたのです。

その輝きに魅せられて多くのダイヤモンドが再研磨されたほど。現在でもダイヤモンドといえば、「ラウンド・ブリリアント・カット」といわれるほど、根強い人気を誇っています。

種類豊富なダイヤモンドのカット


今でこそ主流となったラウンド・ブリリアント・カット。しかし、この形となるまでにさまざまな形が考案され、それ以降も新しいカットが誕生しました。

ここでは現代でも人気のあるカットを含めた、ダイヤモンドのカットをご紹介します。

プリンセス・カット

ブリリアントカットの変形の一種であり、カット面が76面と多いのが特徴。プリンセスの名にふさわしく、光の分散(ファイア)と輝き(ブリリアンス)を引き出します。角がしっかりとある正方形が主流で、中には長方形のものも。近年人気が上昇しているカットのひとつ。

フランダース・カット

八角形が目を引く、シャープな印象のダイヤモンド。研磨地として有名なベルギーのフランダース地方、アントワープで発明されたカットです。ベルギー王室に献上されたダイヤモンドとしても有名。

ラディアント・カット

エメラルド・カットをベースにファセット面を70面、輝きをより強くしたミックス・カット。ガードル上部はステップ・カット、下部はトライアングルのファセットが特徴です。ラディアントは、「光を放つ、明るい」といった意味で、その名の通り輝きが美しいカット。

トリリオン・カット

三角形のブリリアント・カット。トリリアント・カットとも呼ばれ、ラウンド・カットに負けない輝きを持つのが特徴です。

クッション・カット

正方形、または長方形のシェイプで角が丸くなっており、クッションのようなフォルムを持っています。アンティーク・カットとも呼ばれており、一世紀以上前から愛されてきた優美なラインが根強い人気を誇ります。

ローズ・カット

17世紀に開発され、底面が平らでカット面が24あります。その名の通り、バラのようなフォルムが特徴。輝きはブリリアント・カットに劣るものの、アンティークが好きな方には現代でも好まれています。

オールド・マイン・カット

ブリリアント・カットの原型とも呼ばれており、17世紀に発明。クラウン部分(宝石の上半分)は高く、パビリオン(宝石の下半分)が深いのが特徴です。カット面はラウンド・ブリリアント・カットと同じく58面。

オールド・ヨーロピアンカット

大きなキューレットを持つので、正面から見ると中央に丸が見えます。テーブルサイズが50%以下と少し狭いのが特徴。
(※ラウンド・ブリリアント・カットでは50%後半が良いとされている)
オールド・マイン・カットの発展形で、カット面も同じく58面です。

ダイヤモンドのカットの種類を選ぶ時の注意点

さまざまな種類のカットがあるダイヤモンド。選ぶ際にはもうひとつ注意したいことがあります。
それは鑑定書(グレーディング・レポート)はラウンド・ブリリアント・カットにしか発行できないということ。重量や傷、色などの検査結果が記載された鑑定書が欲しいなら、ラウンド・ブリリアント・カット一択となります。

しかし、何を優先するのかはそれぞれの判断。鑑定書の発行可能の可否にこだわらず、これだ!と思えるダイヤモンドとの出会いを楽しんでくださいね。

POINT

  • ダイヤモンドの最高の輝きを引き出すラウンド・ブリリアント・カット
  • 現在の形が完成したのは20世紀に入ってから
  • 鑑定書が発行できるのはラウンド・ブリリアント・カットのみ

<参考文献>
ジュエリー・バイブル 美術出版社
ジュエリー言語学 桃沢敏幸