コラム

アニメ化決定!「宝石商リチャード氏の謎鑑定」はどんなストーリー?

2020年1月にアニメ化が決定した「宝石商リチャード氏の謎鑑定」

原作は宝石商リチャード・ラナシンハ・ドヴルピアンと、大学生中田正義のふたりをはじめとする、多種多様な人物たちが織りなすジュエルミステリー小説。

個性豊かな人物描写と、その輝きがありありと目に浮かぶ宝石の細やかな描写とがあいまった世界観には、石好きなら引き込まれること間違いなし。

登場人物の眼を通して石に関する知識を深め、宝石の新しい一面も発見できる「宝石商リチャード氏の謎鑑定」

小説版のあらすじや著者辻村七子さんのプロフィール、アニメをより楽しむためのヒントなど、まだ作品を知らない方にも伝わる小説の魅力をお届けします。

「宝石商リチャード氏の謎鑑定」の著者、辻村七子さんとは?

人となりが伝わる緻密な人物描写や、想像力をかきたてる表現。
読み手の好奇心を刺激する文章を綴る辻村七子さんとは、いったいどんな方なのでしょう。

辻村七子さんのプロフィール

誕生日:9月24日
誕生石:サファイア
出身地:神奈川県
趣 味:ウォーキング、バレエ鑑賞、旅行
好きなもの:世界史全般、映画、甘味、小説、石

出身は神奈川県で、現在も同県在住。
国内外問わずに、さまざまな地へ旅行するのが趣味。
高校時代は文芸部に所属、書くことはそれ以前から行なっていたそうです。

辻村七子さんの代表作は?

2014年に「時泥棒と椿姫の夢」でロマン大賞(現ノベル大賞)を受賞
小説家としてのデビュー作は「螺旋時空のラビリンス」(「螺旋時空のラビリンス」は「時泥棒と椿姫の夢」を加筆・改稿した作品)。

翌年の2015年には代表作となる「宝石商リチャード氏の謎鑑定」シリーズの第1作目を発表。
雪広うたこ氏が手がける美麗な装画が目印で、シリーズ累計発行部数40万部を突破。
6巻までの第一部では連作短編、7巻からの第二部では長編形式となっています。

小説のジャンルは2018年に発表した「マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年」と「螺旋時空のラビリンス」がSF、「宝石商リチャード氏の謎鑑定」シリーズは宝石を題材としたミステリーです。

「宝石商リチャード氏の謎鑑定」のあらすじ

「宝石商リチャード氏の謎鑑定」は迂闊な“正義の味方”と、性別を超えた“絶世の美人”といったふたりの男性を中心にストーリーが展開していきます。

中田正義(なかたせいぎ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jeweler-Richard(@jeweler_richard)がシェアした投稿


あるきっかけで宝石商リチャードの元でアルバイトをすることになった大学生。
公務員志望で堅実、少々うっかりしたところも。

ストレートな物言いと実直な性格で、「ジュエリー・エトランジェ」に訪れる人々のこころとその宝石の秘めた謎に向き合っていく。

リチャード・ラナシンハ・ドヴルピアン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jeweler-Richard(@jeweler_richard)がシェアした投稿


スリランカの血をひく年齢不詳のイギリス人宝石商。
金髪碧眼の端正な顔立ちで、正義いわく「生きた宝石のような美貌」の持ち主。

日本語を流暢に操り、土日に銀座の一角で宝石店「ジュエリー・エトランジェ」を営んでいる。
愛車はジャガー、好物はロイヤルミルクティーと甘味。

正義とリチャードの出会い

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jeweler-Richard(@jeweler_richard)がシェアした投稿


テレビ局での夜勤バイトを終えた帰り道、酔っ払いに絡まれていたリチャードを助けたことで彼が宝石商だと知った正義。
正義は石の真贋を知りたいと祖母の形見である「ピンク・サファイア」の鑑別を依頼

指輪に留められた「ピンク・サファイア」の謎がリチャードによって解明されるとき、正義の真意も解き明かされていくのです。

「ピンク・サファイア」の謎とは?

正義とリチャードをつないだ「ピンク・サファイア」。
実は鑑別の依頼以外にも、ふたりの出会いにふさわしい宝石であることが作中で述べられています。

ネタバレになるので詳しく述べられないのが残念ですが、ふたりをつなぐ不思議な縁が目に見えるかたちになったのがこの「ピンク・サファイア」なんだ!と感銘を受けました。
1月のアニメでも描かれるエピソードなので、今から観るのが楽しみですね。

「宝石商リチャード氏の謎鑑定」の見どころ

石言葉や宝石を美しく見せるための処理など、手に取るだけではわからない石の魅力に触れられる「宝石商リチャード氏の謎鑑定」。
個性豊かな登場人物が宝石や鉱物に関しての秘密を語るとき、その人が紡ぐ言葉や想いにも注目してみてください。

たくさんの素敵な言葉と出会えますが、一巻をとおして私の心をうった一文をご紹介しますね。

ただの石にかけがえのない価値が宿るとするのなら、それは持ち主に心からの愛情を注がれた時だ。

持ち主にとって、その石がどのような想いを持つのか。
価格や見た目の美しさ、または希少性だけでは語れない、石だからこそ込められるドラマを言語化した特別な一言だと感じました。

誰の言葉なのかは、ぜひ小説でチェックしてみてくださいね。

外観だけでは測れない、宝石の多様な美しさと儚さ。
人のこころが重なることで、輝きを増す宝石の魅力。

「宝石商リチャード氏の謎鑑定」は、ただのミステリーではありません。
正義やリチャードたちの目を通して宝石や鉱物、ジュエリーのもつ新しい魅力を見つけてくださいね

POINT

  • 2020年1月にアニメ化が決定した「宝石商リチャード氏の謎鑑定」
  • 宝石についての知識を深められるジュエルミステリー
  • 人が関わることで生み出される宝石の魅力にも注目

著者の辻村七子さんがおすすめする、アニメのおすすめポイントが「音楽」
絵の美しさはもちろんのこと、小説では味わえない音楽の美しさもアニメならではですね!

アニメは2020年1月9日(木)より、TOKYO MX、BS11、WOWOWほかにて放送開始。

TVアニメ「宝石商リチャード氏の謎鑑定」公式サイト

年末にはアニメの予習も兼ねて、ロイヤルミルクティー片手に読書の時間を楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

宝石商リチャード氏の謎鑑定 1 (集英社オレンジ文庫)

作中(「case.2 ルビーの真実」)で登場した図録はおそらくこちら。小説から宝石に興味を持ったらおすすめです!


決定版 宝石 品質の見分け方と価値の判断のために

【あわせて読みたい】リチャードのルーツであるスリランカについてのコラムも併せてどうぞ。

【旅するジュエリー】宝石の採掘現場って?──スリランカのサファイア採掘を訪ねて