ジュエリーの基礎知識

鍛造?鋳造?結婚指輪をオーダーメイドするための基礎知識

結婚指輪をはじめ、記念日やお祝いなどの節目に迎えるジュエリー。
そんな特別なシーンに、あなただけの特別を叶えるひとつがオーダーメイド

しかし、オーダーメイドといってもさまざまな方法で制作されます。
長年身につける結婚指輪ともなると、しっかりと選びたいものですよね。

今回は、結婚指輪のオーダーメイドを考えているあなたに、作りの視点から選び方のヒントをお届け。
鍛造と鋳造の違い、ジュエリーの作りについての基礎知識もご紹介しますね。

結婚指輪のオーダーメイドは鍛造?それとも鋳造?

ジュエリー制作において、金属を成型する方法は主にふたつあります。

ひとつは鍛造(たんぞう)で、もうひとつは鋳造(ちゅうぞう)
漢字も似ていますが、どのような違いがあり、結婚指輪をオーダーメイドする際にはどちらを選べば良いのでしょう?

鍛造と鋳造の違いって?それぞれの特徴は?

簡単にいえば、金属を叩き上げて成型する方法鍛造」で、液体状にした金属を型に流し込み成型する方法「鋳造」です。

扱う金属と出来上がりの見た目は一見同じでも、それぞれの加工方法によって仕上がりに差が生じたり、性質に違いが生まれます。

たとえば「鍛造」の結婚指輪。
「金属を鍛(きた)える」との言葉通り、金属をハンマーで叩き上げて、求める形に整えます。
時間はかかりますが、金属に含まれる微量の空気が抜けることで密度が増し、丈夫な仕上がりに

いわゆる手作りと呼ばれる結婚指輪は、この「鍛造」を指す場合が多いです。

※ただし、手作りの結婚指輪がすべて鍛造を指すわけではありません。

また、鍛造には「プレス加工法」という量産が可能な製法もあります。

一方「鋳造」では、多くのジュエリーで「ロスト・ワックス・キャスティング法」を採用。
熱して液体状になった金属を、石膏などで作った型へ流し込む「鋳込み」をします。

型に埋め込んだ「ろう」の一種であるワックスを溶かし、その空洞となった部分に金属を流し込むため、ロスト・ワックスと呼ばれているのです。

細やかな造形・ボリュームのある表現が叶い、量産も可能

鋳造にはロスト・ワックス・キャスティング法以外に、めっきの原理を用いた「エレクトリック・フォーミング加工法」や、コンピューターを用いた「光造形法」などの製法もあります。

結婚指輪のオーダーメイドならおすすめは鍛造?鋳造?

鍛造と鋳造の簡単な特徴を述べましたが、結婚指輪のオーダーメイドならどちらが良いのでしょうか。
実はそれぞれにメリットとデメリットがあり、何を重視するかによって答えが異なります。

「鍛造」のメリット

  1. 強度が高いため、変形しづらい
  2. 表面に傷がつきにくい
  3. 重厚感と金属ならではの質感の美しさを堪能できる

ミル打ちなどの細やかな装飾も鋳造と比べると潰れにくく、華奢なデザインでも変形しにくいことが特長です。

デメリットは、サイズ直しを前提とした購入に適していないこと。
必ずしも不可能ではありませんが、鍛造の持ち味である強度が低くなってしまいます。

「鋳造」のメリット

  1. 複雑なデザインの表現に適している
  2. 比較的安価なコストで制作
  3. サイズ直しも可能(※デザイン上難しいものも)

動植物やカーブのあるデザインの表現も叶い、鍛造と比べて価格が安い傾向にあります。

デメリットは、鍛造と比較すると硬さが劣ること。
華奢なデザインだと結婚指輪の歪みが気になったり、表面傷が目立つと感じることも。

鍛造と鋳造。それぞれの良さが映える結婚指輪とは

鍛造か鋳造か、何を重視するかによって結婚指輪の選び方が変わってきますね。
あなたの理想のデザインは華奢なリング?それとも凝った作りのリング?

まだイメージできていなくても、実際に見ることでイメージが固まるかもしれません。
ここではそれぞれの製法の特長が際立つ結婚指輪をご紹介します。

細やかな美しさが映える鍛造の結婚指輪3

グラデーションとなったミルが、二つの結婚指輪が重なることで繋がるロマンティックなデザイン。
ミルが宝石のように一粒一粒輝き、手元に華やかな光を添えてくれます。

 

つや消しと鏡面のコントラストが映える結婚指輪。
シンプルなフォルムも、鍛造だからこその美しさに惹きつけられますね。


鍛造の特長を生かしたジュエリーといえば木目金(もくめがね)。
異なる種類の金属を合わせて生まれる模様は、世界にたったひとつを叶えてくれます。

デザインの自由度が高い鋳造の結婚指輪3選

トップ部分にボリュームのあるシグネットリングは、鋳造ならでは。
エッジの効いた結婚指輪をお探しの方におすすめのデザインです。

 

ふたつのリングが重なり合うデザインが、シンプルながら目をひきますね。
鋳造だからこそ、凝ったデザインも楽しむことができます。

 

花のもつ曲線の豊かさが表現された婚約指輪。
金属なのに、自然と温かみを感じられます。

鋳造は多くの工房で可能ですが、鍛造が可能な工房はそれよりも少ないです。
また、手作りがすべて「鍛造」を指すわけではありません。
気になる場合には、必ず事前に確認をしましょう。

POINT

  • 金属の成型方法は主に「鍛造(たんぞう)」と「鋳造(ちゅうぞう)」
  • 結婚指輪のデザインや使用頻度も参考に鍛造・鋳造を選ぶ
  • メリットだけでなく、デメリットも参考に

結婚指輪についてもっと知りたいならこちらもあわせてどうぞ!

マリッジリングとエンゲージリングの違いは?マリッジとエンゲージは重ね付けするもの?